介護生活に向けてより今。

介護してもらいやすいように、デリケートゾーンをキレイにしておきたい、ちょっとお年を召した女性のVIO脱毛が増えてます、みたいな記事を読みました。

いや、介護の事を考えるようなお年になる前に。
若いうちからVIOはスッキリしといた方が楽だよ!とVIOつるっつるにしちゃった私は強くオススメしたいです。

秋の風景

何がいいって、蒸れないしかゆくならないし臭くならない。

生理の時も処理してない時に比べてかなりキレイだし、拭き取りやすい。
毛を巻き込んだ経血が固まって激痛!とかないし。

普段からかなり清潔になるからかな、カンジダ予防にもなったような気がする。
VIO処理前はしょっちゅう婦人科で指摘されてたカンジダ、サロンに通い始めてからは一回も再発してないの。
サロン卒業してからも、もちろん指摘された事はありません。
毎回、簡単な細胞検査してくれる病院だから、間違いないと思う。

色々と快適生活になるので、ぜひ早めの処理をオススメ。


そして、若いうちに是非!の理由のもう一つは、白髪。
白髪になると、光とかレーザーの熱が毛根に届かないので、残ってしまうのです。
光脱毛、レーザー脱毛は毛が黒くないとダメなのです。

意外と若いうちから白いのが出てくるから、早め、ぜひ。です。

色々心配な方も多そうなので、ちょっと古い話にはなるけれども順次体験記録を書いていこうと思います。
興味のある方の参考になりますように。

そういえば、私が通っていたサロンはピュウ・ベッロの池袋店だったのだけど、卒業後、プリートに名前が変わったとお知らせをいただきました。
ちょっと大人っぽく変わった感じ。
行ってるうちにこうなってれば良かったなーと思った記憶があります。