VIO脱毛からハイジニーナへ

デリケートゾーンの毛をなんとかしようと思った時、最初に考えのは自己処理でした。
サロンに通うのは費用もかかるし、恥ずかしいように思ったのです。

そこで、Iラインの自己処理をしてみたのですが、結構大変でした。
婦人用シェーバーを使いましたが、身体が固いのもあって、よく見えないし、
作業中の様子はたとえ旦那様でも人様にお見せできるような状態ではないし。

なんというか、まるっきり処理していないよりも中途半端な処理の方がみっともない、という事が実感できたので、サロンに通う事を決めました。
ただ、最初はハイジニーナにはせず、Vラインは少し残す予定だったのです。

残したかったのは、温泉とかスーパー銭湯とかで人様に見られたら恥ずかしいような気がする、というのが理由でした。
平湯館の露天風呂
ただ、IラインOラインの処理がすすんでいくにつれ、Vラインの残っている毛に違和感を感じるようになったのです。
IとかOがつるんつるんなのに、その手前に申し訳程度に毛が残っている事が変な気がしたのです。

また、サロンに行く前日の自己処理で、残す形を自分で調整して剃るのですが、
前回と同じラインがどこかわからないし、ざーっと全部剃るのより手間がかかるし、で正直面倒臭くなったのもあります。
中途半端に処理するより、スッキリ全部処理しちゃえ、と思ったのです。



今は、つるんつるんハイジニーナですが、毛周期の都合もあるのでしょう、たまに1本、2本と生えてきます。
ピュウベッロでは、1本でも来てくださいね、と言って頂けましたが、なんというか予約を取るのが面倒臭くて、あまり推奨はできないのですが、自己処理しています。

ただ、チェックはこまめにしています。
脱毛してキレイになると、キレイになったからもういいや、ではなく、キレイをキープしたい、という気分になるのも関係あるのかな、と思いますし、
もっさりしていた頃に比べると、処理は格段に楽になりました。

結局、温泉に行く事はめったにないので、そういうイベントの為の保険より日常生活の向上の方が大事な気がします。
何かあったら困るから我慢しとこう、より毎日スッキリ気持ちがいい、の方が断然素敵だと思うのです。